たんぱく質摂取は必ず

たんぱく質

前回は糖質を摂らなくても大丈夫ですよとお伝えしました。

その代わりにたんぱく質の大切さにも少し触れました。

たんぱく質といえばお肉、「ダイエット中にお肉なんて食べていいの」

と思ったあなた。

この記事を読み終えると、たんぱく質の重要性に気付くことができます。

食事の内容が今までとはガラッと変わるでしょう。

それでは始めましょう。

たんぱく質の重要性

  • 身体はたんぱく質でできている
  • たんぱく質を貯めることはできない
  • たんぱく質を摂るだけでエネルギー消費

身体はたんぱく質でできている

たんぱく質は筋肉だけでなく、内臓、脳、皮膚、等の材料、骨や爪の成長にも深く関わり、水分を除くと身体は大半がタンパク質でできています。

筋肉
痩せる為にも筋肉を大切にしましょう

エネルギーの消費は筋肉と内臓で行われます。大半が筋肉の活動によってエネルギー消費されます。その筋肉が大きければ大きいほど消費量が大きくなり痩せやすくなります。その大切な筋肉を減らさない様にする為にもしっかりたんぱく質を摂る事が大切です。またより痩せやすくする為には筋肉に刺激のある運動とたんぱく質の摂取を組み合わせて筋肉を大きくする事も大切です。ただ食べないだけのダイエットをしていませんか?筋肉が減ってしまいますよ。

たんぱく質を貯めることはできない

以前もお伝えしましたが、糖質は筋肉や肝臓に貯蔵できます、脂質は体脂肪として貯蔵できます。しかし、たんぱく質は貯めておけず常に身体の中で分解されたり合成されたり常に消費されています。外から入れてあげないと不足していく一方です。たんぱく質が不足すると筋肉が減ってしまうだけでなく、体力が落ちたり、風邪をひきやすくなったり、肌荒れが起きたりします。たんぱく質をしっかり摂るようにしてもらうと「最近お肌の調子もいいんです」という人が沢山います。少し話がそれかけましたが。常にたんぱく質が不足しないように心がけていきましょう。

たんぱく質を摂るだけでエネルギー消費

たんぱく質摂取

エネルギーの消費というのは何もスポーツやトレーニング等をしている時だけではありません。食事をする際の、消化、吸収でもエネルギーの消費がされています。(DIT,食事誘発性熱産生)糖質や脂質などの他の栄養に比べてたんぱく質は5倍程度の消費量となります。代謝を高める為にも食事をしっかり摂る事が大切です特に、たんぱく質を意識した食事に心がけましょう。

たんぱく質を摂る量の目安は?

「たんぱく質が大切なのは解ったけれどどれくらいの量を摂ればいいの?」と思いますよね。

1日のたんぱく質摂取量目安

体重1kgあたり1g~2g

例えば

  • 体重50kg→50㎏×1.5g= 75g前後
  • 体重60kg→60㎏×1.5g= 90g前後
  • 体重70kg→70㎏×1.5g=105g前後

注意

1度の食事で身体が処理できる、たんぱく質の量は決まっています。男性で約30g、女性で25gと言われています。これを超えて摂取しても処理しきれず内臓に負担がかかりますし勿体ないですね。1度にまとめて摂るのではなく3食~5食に分けて摂るようにしましょう。内臓に疾患のある人はより注意が必要となります。

まとめ

筋肉量が減ることは代謝が下がり痩せにくくなる事に繋がります。身体の材料、筋肉の材料であるたんぱく質をしっかり摂って筋肉をしっかり維持して痩せやすい体を維持しましょう。目安量も大切です。どうしても食事でとり切れない場合はプロテインで補助してあげるのも良いのではないでしょうか。

TZ FITNESS

岐阜のパーソナルトレーニングスタジオTZ FITNESS









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です